ロムの趣味ブログ

特撮、アメコミ映画が好きです!本を読んでレビューしたり音楽を紹介したりします。20代

特撮ファンが恋愛番組「オオカミくん」にハマった

 

仮面ライダー01(ゼロワン )毎回ストーリーがスピーディーで面白いですね😄

 

仮面ライダーの主人公を演じる役者さんはドラマに出る事自体が初めてといった人も多いので(ジュノンボーイが多い)、殆どの場合が初めてお目に掛かる人が多いわけですが、

 

今回ゼロワン の主人公、飛電或人役を演じている高橋文哉さんは珍しくライダー以前に恋愛リアリティ番組に出ていて見たことがあったので、そこんとこを書けたらなぁと思います!

(不破諌役の岡田龍太郎さんも恋愛リアリティ番組に出てたらしいですが、見てないんで完全無視で行きます😄不破だからいいよね)

 

f:id:hatemaromu:20191111021242j:plain

https://www.toei.co.jp/release/tv/1214726_963.html

 

ひとまず見始めた経緯

 

簡単に言っちゃうとTwitterのプロフィールでギャル好きを公言してる僕なのですぐわかってしまいそうですが、推しのギャルモデルの子が出てたからです(笑)

 

伊藤桃々ちゃんという娘がいましてこちらもオオカミくん🐺で人気になりよくテレビに出てる人なのですが…

オオカミくんの出演者でハマった人が結構いるので、また別の機会にしましょう!

 

オオカミくんにハマった理由

僕自身恋愛にはかなり疎い方でして…(笑)

何故ハマったのか簡単に説明するとゲーム性があったからだと思います。

 

シーズン毎に多少のルール変動はあるのですが、

  1. 人狼ゲームのようにメンバーの中に騙す役の人が1人以上配役されている。
  2. 中盤である脱落者を決める視聴者投票(メンバーは怪しまれないように恋愛しないといけない)
  3. 全員に送信される太陽LINE☀️、特定の人に送る月LINE🌙をメンバー全員がそれぞれ1回ずつ使える(だいたいデートの約束)
  4. カフェ製作、アート製作等の共同作業をする

 

のような内容ですね。

 

多分ただ恋愛を見せられても特に何とも思わない僕のような男でも、ゲーム性が生まれると展開が気にならんでしょうね。

周りに合わせてテラスハウスを見てた時期もあるのですが、本当にただ人間が生活をしてるだけだったのでダメでした😄

 

そういえば歌手のDAIGOさん👨‍🎤がやってた恋愛番組はゲーム性があったから観てた時期がある…

 

よくよく考えたらHUNTER×HUNTERもグリードアイランドとかゲーム性がある部分の方が好きだな!

 

 

高橋文哉くんに話を戻しますと…

 

凄くハマっているオオカミくんシリーズ🐺の1番最初のシーズンに出ていたこともありまして、

高橋文哉くんには凄く思い入れがあってゼロワン 主人公の或人はすごく推しています!

 

オオカミくんで素の姿を見てるので、文哉くんにはクールなイメージがあったので或人初登場シーンのガチガチのヘンテコヘアーを見た時のギャップは凄かったですね(´⊙ω⊙`)

 

全力でアルトじゃーないとー!!!と叫んでるシーンも違和感がありました。

まぁ実生活であのテンションになる人間なんていないと思いますけど…(笑)

 

そんなわけで私ロムはオオカミくんと仮面ライダー01をこれからも応援していきます!!!

 

 

オオカミくんシリーズは大人気で最新作もあるのでAbemaTV で見てみてください! 

 

 

 

仮面ライダーは東映特撮ファンクラブ(TTFC)がオススメです!

 

東映特撮ファンクラブ

東映特撮ファンクラブ

  • TOEI COMPANY,LTD
  • エンターテインメント
  • 無料

 

 

 

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

 

Wレッドっていいよね【スーパー戦隊の話】

 

たまには更新しなくては〜

ある程度気軽な気持ちで書かないといけませんね!間違えてたらすいません

あとで直します…

 

スーパー戦隊では5色のキャラクターがそれぞれ変身するのが当たり前…❤️💙💚💛💕

 

しかし作品によってはレッド❤️が複数登場する作品があるのです!

戦隊に詳しくない人は驚きかもしれませんが多いです

 

Wレッドといえばルパパトを真っ先に思い浮かべますが、キュウレンで再びハマりいろんな作品を見てみると

たくさんの作品でWレッドがあるじゃないですかー!!!

 

しかもWレッド要素のある作品はストーリーが色濃く面白いものが多いじゃないですかー😄

 

ってことでWレッド作品を何個か語りたいと思います!!!(本当に語りたいだけ)

 

まず最初になんてやつか忘れたけどレッドが途中で変わる戦隊がありましたね

(それが最初なのかな?)

 

僕が見返した中で1番古かった戦隊ではタイムレンジャーでした!

永井大さん演じるタイムレッドが30世紀(100年後)からやってきた仲間と共に30世紀から脱獄したランダーズファミリーと戦うお話でした。

 

未来戦隊タイムレンジャー

途中からタイムファイヤーという追加戦士が加わりストーリーがさらに面白くなった感じがしましたね。

なんでも初期設定ではタイムレッドの強化形態になる予定だったそうですが追加戦士になったそうですね

 

侍戦隊シンケンジャー

松坂桃李さん演じるシンケンレッド(殿=志葉丈瑠)と家臣が外道衆と戦うお話。

物語終盤で志葉丈瑠が志葉家の影武者である事が発覚。本物のシンケンレッドが現れ、一時は脱退するなど驚きの連続でした。

しかも本物のシンケンレッドは女性で高校生くらい特撮の歴史の中でも珍しかったと思います。

そして年上の松坂桃李シンケンレッドを養子にするなど後半の濃厚なストーリーの立役者でもありますね

 

宇宙戦隊キュウレンジャー

シシレッドのラッキーがキュウレンジャーには既にいましたが、先代の救世主ホウオウソルジャーとして登場。

シシレッドがシシレッドオリオンになり白くなるなど人数最多戦隊ならではの出来事がありましたね。(人数が多いと全員を画面に収める時小さくなるから分かりやすくするためですかね?)

 

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー

二つの戦隊が登場ということで色が被らないように配色されていましたが、やっぱりリーダーは赤って事で…

純真で真っ直ぐ過ぎるパトレン1号(赤)と目的を果たす為に怪盗という道を選んだルパンレッドが生むドラマは大人でも心打たれるものがありましたね。

 

騎士竜戦隊リュウソウジャー

ダブルレッド要素は薄いですが、1話で先代のリュウソウレッドが死亡してしまいましたね。

今後の後半のストーリーでまた出てきて物語を盛り上げてくれそうな予感がします。

 

 

まとめ

Wレッドの戦隊はどれも面白いものが多いですね!

2人目のレッド登場は毎度物語の核に当たる重要なエピソードが多く、その1人の登場で話が大きく動くことが多いです。

またWレッドが共闘する展開は絶対に盛り上がりますね。

皆さんはどの戦隊が好きですかー?

 

それではバイチャッッ!!!

 

 

 

ドイツは日本と同じ産業盛んな経済大国!でも有給所得率100%、年41%は働いてないらしい…

 

ブログの内容を全部消してしまったので、定期的に書けるネタが欲しいってことで読書感想文始めました!!!

(苦手なんですけどね…自由に描いていきたいと思います。)

 

今回僕が紹介したい本は

ドイツ人はなぜ、年収290万円でも生活が「豊か」なのか

と言う本です!

 

 

 

信憑性75%

根拠となる情報も多いのですが、ドイツ在住の作者の主観が強かったのでリアルなところでこんくらいのものかと…

 

感想、レビュー

遠く離れた国で人種も違いますが、

"ドイツ人と日本人はよく似ている"というのはよく耳にしますね。

どちらも勤勉で真面目な性格、物づくりが得意な人が多いようで産業の盛んな国と言われますよね。

 

でもこの本によるとドイツ人は我々日本人から見てひじょーーーに羨ましい生活をしてるそうです。

 

海外の働き方を知れば知るほど、日本の労働者の息苦しさが浮き彫りになりますね。

 

とにかく驚かされた内容は以下の通り、

・有給所得率100%で完全に消化しないと管理職の人格を疑われる

・ドイツ人は職場内で期間が被らないように相談し合いながら、2週間のバカンスを各々楽しむ

・年41%は働いてない時間らしい

(365日の41%なんだと思いますが…

365日×24時間のうち41%なのかな…細かいことが気になりますが…)

 

等々非常に効率的に働きプライベートの時間も大切にしているようです。

やる気のない僕から見ると理想の生活ですね!!!

 

おもてなしの国日本と比べると飲食店などのサービスなどでは淡白な対応をされることが多いらしいのですが、

基本ドイツの人々は

・効率的な仕事

・任された仕事のみを淡々とこなす

・重要なモノは個人の時間

といった考えが根本にあるようですね

 

この本はドイツ人の働き方、お金、時間の使い方、考え方が紹介されています。

ぜひ読んでみてください

 

それではバイちゃ!!!