ロムの趣味部屋

趣味や好きなモノ、思ったことについて書きたくなったら書きます。特撮、役立つ情報、音楽

若者が政治に興味を持たないのは音楽のせい?

 

ってことでタイトル通り、少し硬い話ではありますが音楽と政治について書いていこうと思います🤗

 

もちろん日本の歌手でメッセージ性がある素敵な歌手は多いのですが、音楽と言えば「恋愛」みたいなイメージが強いので是非とも皆さんいろんな音楽を聴いてほしいものです!

 

海外の歌手の社会活動

日本で歌手が社会問題に対して何らかのアクションをすると、

なんというか「痛い奴」扱いをされてしまう事が多いですが、海外ではトップミュージシャンが率先して活動をしている事が多いので幾つか例に挙げて紹介していこうと思います!

 

 

 

 

 

まずは、KING OF POP !!!

マイケル・ジャクソン

マイケル・ジャクソンといえば慈善活動でもお馴染みのスーパースターですね!!!

「最も多くの慈善活動(39団体)をサポートしたポップスター」として

2000年にギネスブックに載った事もあるほど慈善活動に尽力したマイケル!

飢餓にエイズ、飲酒運転、薬物、世界中の不幸な子供に手を差し伸べ

アメリ同時多発テロ、ハリケーンなどでも積極的に活動しています!

 

慈善活動の中には子供を対象にしたものも多くあるようですね

 

マイケルのような大スターが積極的に活動することは多くの人を動かすことになったはずです

 

また世界平和を歌った曲も数多いですね!

We Are the World

We Are the World

言わずもがな名曲

Heal the World

Heal the World

 

環境問題にも熱心だったようですね

歌詞もMVも攻めまくっている曲、暴力や差別を強く批判している曲ですね

 

マイケル慈善活動のサイト 

jffj.jp

 

Green Day 

Green dayはポップパンクのジャンルを開拓したことでも知られていますね

Green dayはdookieというアルバムでメジャーデビューを果たしますが、海外では一時的に人気が低迷…

そんな中で発表したアルバムがAmerican idiot !!!

アメリカでは当時、戦争を肯定する考えが定着し始めましたが、戦争は良くないと音楽を通じて訴えかけました。

 

平和的なメッセージが詰まった曲にもかかわらず、カッコよく、ギターがジャンジャンなっていていいですね。

 

vimclip.jp

utaten.com

rollingstonejapan.com

 

タイで起きた世紀のラップバトル

続いて音楽を通して面白い出来事が起こったタイからレポート(笑)

既にこの一連の流れはニュースに多々なっているのですが、僕からも発信

今タイでは軍事政権が強い権力を握っていて、市民が呆れるような事件が立て続けに起き、この発表といった流れMV、歌詞共に衝撃的でタイ政権を強く批判する内容になっております!!!

 

ประเทศกูมี

ประเทศกูมี

  • Rap Against Dictatorship
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250

 

タイの音楽チャートで一位を獲得し、SNSでも話題になったようです!!!

 

詳細はこちら↓

i-d.vice.com

 

さらに面白いのはタイ政権がラップミュージックでレスポンスします!

(どうやらラップが流行っているからラップで愛国歌を作ったようですが…タイミングがたまたま合いました)

Thailand4.0という曲を出したようです

 

edmm.jp

 

まとめ

音楽を通じて海外ではいろんな考え方が拡散しているようです!(タイの一件がわかりやすかったですね)

日本の音楽も僕はメチャクチャ好きだし、内容は甲乙つけがたいのですが、自国に住む自分ですら恋愛ソングに応援ソングばっかりだなと少し残念な気持ちになったりします!

 

音楽には幅広いジャンル(今回たまたまポップス、ロック、ラップとなりましたね😃)、幅広い内容の曲が沢山あるので一度自分の聴いたことのないタイプの音楽を聴いてみるのも悪くないと思います!!!

 

それでは…サラバッッ!!!

(毎回記事が他人頼りになってしまって反省です…)