ロムの趣味ブログ

特撮、アメコミ映画が好きです!本を読んでレビューしたり音楽を紹介したりします。20代

インフィニティストーンが徐々に明らかに「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」 #8

 

MCU第8作品目になる映画は「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」です。

 

MCU作品ではコズミックキューブに続く2つ目のインフィニティストーンが登場する作品ですね!

インフィニティストーン登場でインフィニティサーガにとっても大事な作品だったと思います。

 

評価

75点!

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロンまでの作品は何度も見返した覚えがあるのですが特にたくさん観た記憶があるんですよね!(実際はストーリーを楽しみたいので順に同じ回数見てるはずなのですが、多く感じる)

 

ソーの物語はアベンジャーズシリーズでも異質でアスガルドという別世界と地球が舞台なのでまた違った雰囲気で楽しめる映画ですね!

 

北欧神話の世界アスガルドが舞台で今作では特にアスガルドのシーンも多く、神秘的且つメカメカしいアスガルドの船や大砲も描かれているので

高次元な神話世界の戦いが嘘臭くなく描写されていて細部まで見応えのある映画だと思います。

 

MCU作品ですが、一つの作品として楽しめると思います。

 

 

インフィニティストーンを巡る戦いが加熱していく

キャプテン・アメリカで登場した謎の物体4次元キューブがアベンジャーズでは戦いの火種になり、大きな存在が地球を狙っているという事がなんとなく分かってきた

 

アイアンマン/トニー・スタークは宇宙には多くの生命体がいて地球は無防備な状態にあると感じ、その焦りから精神障害になりスーツ依存症になりスーツを量産していた。

 

という状況で4次元キューブに続くインフィニティストーン、エーテルが恋人のジェーンの体内に入ってしまうという境地に立たされたソー、ロキとの確執で荒れた九つの世界を守る為に撃退したはずのダークワールドのマラキス軍団と戦う

 

と今までの出来事を踏まえて観るとすごく壮大な物語になってきましたね!

エンドクレジットではシフがエーテルを預け帰るとコレクターが「これで一つ、残るは五つ」と

これから登場するストーンの数を呟きます。

これから起こる手に汗握る壮大な戦いの数々を感じさせ痺れましたね…😭

 

ちなみにエーテル(リアリティ・ストーン)は本来サノスが使っていたように幻影を見せる能力と物体を別の形に変える能力があるのですが、

マレキスは自身の能力で攻撃手段として使えるようです。

 

ロキの新たな魅力が開花

「マイティ・ソー」「アベンジャーズ」では復讐心に燃えるヴィランというイメージでしたが、

今作からは味方をする一方で何か企んで悪さをする悪戯好きの一面が垣間見れます。

元々は北欧神話の悪戯好きの神なわけですが、まさか21世紀で人気者になろうとは…

 

MCUのヴィランの中でもロキはかなり人気でお茶目な所が好きなようですね!

 

アベンジャーズの戦いで敗北しアスガルドの牢獄に入れられていましたが、母フリッカの死をきっかけにソーとロキが共闘するシーンはテンションが上がりましたね!

 

一方で母と違い父オーディンには恨みがあるようで、フリッカの死で我を忘れたオーディンをアスガルドから追放し、死を偽装してオーディンに化けて玉座に座る

 

天邪鬼なロキの魅力が人気になったのは今作からだと思います!

 

 

 

 

 

 

ロキは今後どんな活躍をする?

ロキはディズニー+でドラマ公開が決定しています。

インフィニティウォーではサノスに殺されてしまいましたが、

エンドゲームでは「アベンジャーズ」で敗北したロキがスペースストーン(4次元キューブ)の力を使い逃げました。

ちょうど今作の前の出来事ですね。

 

詳細はまだあまり分かりませんが、サノスとの戦いでパラレルワールドが生まれたのでパラレルワールドを巡りロキが活躍する作品になるようです。

 

ディズニー+では映画級のスケールでドラマが展開していくようなので楽しみですね!

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村